本文へ移動

肉盛溶射

表面加工処理ならお任せ

溶射とは、溶射材と呼ばれる材料を加熱して被施工物(基材)に吹き付け、皮膜を形成する表面処理法の一種です。
 
熱源に燃焼炎やプラズマなどを用い、溶射材を液滴化して、高速ガス流などによって、基材表面に吹き付けます。液滴や微粒子状になった溶射材は「溶射粒子」と呼ばれ、この粒子が基材表面で凝固し密着することで皮膜が形成されます。
 
塗装などと同様にマスキングにより対象物の特定の部分のみに施工でき、また、溶射粒子が運ぶ熱量は小さい為、基材への熱的影響を最小限に抑えた状態で施工が可能です。
 
弊社では、4つの溶射プロセスをご用意しております。
材料選定から施工まで、長年培ってきた技術と経験で、弊社採用の最善のご提案をいたします。

  1. HP-HVOF(超高圧・高速)溶射
  2. PLASMA溶射
  3. THERMO SPLAY(自溶性合金)溶射
  4. METALLIZING(ワイヤー)溶射

 

HP-HVOF(高圧・超高速)溶射

高温の燃焼ガスを熱源として、超音速(音速の2.5倍)のガスジェットで、粉末溶射材料を基材に衝突させ皮膜を形成します。
WC系サーメット材料を用いた耐摩耗溶射に広く利用されており、高密度、高付着力、高硬度などの特性をもっています。緻密で気孔が少ない付着力の大きな皮膜を作る事ができます。

PLASMA溶射

プラズマ溶射ガンで生ずるプラズマジェットをを熱源として、粉末状の溶射材料( 高融点材料)を加熱、加速し、溶融またはそれに近い状態にして素地に吹き付けて皮膜を形成する溶射です。
高融点の金属、サーメット、セラミックスをはじめ、ほとんどの材料を溶射することができ、基材と溶射皮膜の密着性が高いなどの特性をもっています。

THERMO SPLAY(自溶性合金)溶射

Ni基、Co基の合金に、ホウ素(B)・ケイ素(Si)を添加した自溶製合金粉末を溶射材料に用いて行う溶射です。
溶射後にフュージング処理を行うことにより、密着強度の高い、気孔も殆どない良質な皮膜を形成します。
主に耐磨耗性・耐エロージョン性・耐食性・耐高温酸化性に優れるため、様々な環境下で使用する事が可能です。

METALLIZING(ワイヤー)溶射

酸素と可燃性ガスとの燃焼炎を用いてワイヤー状の金属系溶射材料を加熱し、溶融またはそれに近い状態にして素材に吹き付けて皮膜を形成する溶射です。
どんな母体の上にも、熱影響を与えることなく、どんな金属でも溶射肉盛が可能。
寸法回復や肉盛溶射、防錆溶射として使用されます。
株式会社共進サーフェーシング
〒739-2501
広島県東広島市黒瀬町小多田16番
TEL.0823-70-4123
FAX.0823-82-9050
 
1.表面改質(サーフェーシング)事業
 (1)肉盛溶射施工及び付帯関連業務
   ⇒各種金属、サーメット(セラミック+
  金属)、セラミックス、高級合金
  等の肉盛他
 (2)肉盛溶接及び付帯関連業務
   ⇒STELLITE,CERMET等の肉盛他
 ⇒INCONEL等の肉盛他
  (各種ボイラー関連)
2.高温腐食対策(ボイラー水管壁等用肉盛溶接)
3.組立
4.ダイナミックバランス調整他